ヘアケアの中でも、洗い流さないトリートメントを活用する事はとても効果的だと思います。

私は、ロングヘアなので、特にヘアケアには気を付けています。きちんとケアしているので、特に痛みはありません。

お風呂で、シャンプー、トリートメントや、コンディショナーを使用して、出て、タオルドライした後に、洗い流さないトリートメントのオイルタイプを使用しています。オイルタイプはサラサラになります。その後、ドライヤーです。ドライヤーの熱からも守ってくれます。

そして、よく朝、クリームやセラムタイプの洗い流さないトリートメントを使用しています。こちらは、あまりたくさん付けるとべとつくような物もありますが、毛先中心に使用すれば、問題ありません。

また、私はよく、コテで髪を巻きますが、使用前にも、クリームやセラムタイプの洗い流さないトリートメントを使用してから、巻いています。これで、傷みしらずの髪になりますので、大切なケアです。

現在最も勢いのある育毛剤「チャップアップ」。育毛・抜け毛抑制効果がある天然由来成分を凝縮した育毛剤として注目を浴びています。
「チャップアップ」の特徴は髪がつくられていく過程で非常に大切な毛包に直接働きかける成分を配合していることです。その画期的な発毛成分はM-034。三石昆布のぬめりから抽出された成分です。ミノキシジルと同等の発毛効果が認められている天然由来成分です。今までの育毛剤ではアプローチされてこなかった毛包に直に作用するということで、大変注目されています。
また、「チャップアップ」には抜け毛の原因となる5αリダクターゼと男性ホルモンの結合を阻害する成分が2種類配合されています。オウゴンエキスとヒオウギエキス。いずれも天然由来成分なので、フィナステリドのような勃起障害を引き起こす心配はありません。天然由来成分のW配合も「チャップアップ」の特色です。
毛包の周辺環境を改善するにも「チャップアップ」は天然由来成分を用いています。血行を促進するセンブリエキスです。とことん髪に良い天然由来成分にこだわった育毛剤が「チャップアップ」です。

髪の成長を促すには、頭皮や毛根に栄養を送る必要があります。血液ドロドロ、冷え性だと血行が悪くなって髪の成長に悪影響を与えます。

血液をサラサラにしてくれる食品は、納豆やたまねぎです。納豆にはナットウキナーゼという血液サラサラ成分が含まれています。血液は夜に固まりやすいので、夕飯に食べるのがおすすめです。たまねぎには硫化アリルという血液サラサラ成分が含まれています。揮発性成分なので、切って放置したり水にさらすと減少します。

冷えを解消して血行をよくするのがしょうがです。ジンゲロールとショウガオールという成分が体を温めて血行を促進します。しょうがの温め効果は加熱することで高まります。しょうが湯、スープ、炒め物など加熱料理に使うのがおすすめです。チューブ入りや粉末のしょうがは外出先に持ち運べて便利です。

ビタミンEには血行促進効果があります。高い抗酸化力があり、血液の酸化を防いでくれます。アボカド、ナッツ、うなぎなどに多く含まれています。

育毛剤は使い方に気をつけるだけで効果が違ってきます。
育毛剤は頭皮や毛穴から吸収されます。頭皮と毛穴が汚れていると育毛剤の成分の吸収が阻害されて効果が発揮されにくくなります。
育毛剤を使うのに最適な時間帯は、夜髪を洗った後です。きれいになった頭皮に使うことで吸収がよくなります。また、夜洗うと夜寝ている間の髪の成長を助ける働きもあります。髪を洗うのではなく、頭皮と毛穴をきれいにするイメージで洗ってください。
また、育毛剤は一度に大量につけるよりもこまめにつけた方が育毛効果が高まります。朝と夜の2回つけるとよいでしょう。
朝は髪を洗う必要はありません。寝ている間にでた皮脂汚れだけなのであまり汚れていないからです。べたつきが気になるときは、蒸らしたタオルで軽く拭いてから育毛剤を使用します。ゴシゴシとタオルでこすると頭皮が傷つくので、柔らかいタオルで優しく拭いてください。蒸しタオルで頭を包むと血行がよくなって育毛剤の成分の浸透がよくなります。
マッサージを組みあわせると血行が促進されて育毛効果が高まります。

私は加齢とともに髪の毛が細くなり、抜け毛も増えてきました。
全体的なコシもなくなりつつあるので、最近育毛に積極的に取り組んでいます。
私が最も重視していることは「頭皮を清潔にする」ということです。
まず、入浴時はシャンプーをする前にお湯で髪を洗います。
皮脂などの汚れは、お湯で十分落ちると言われているので、しっかりと洗うようにしています。
そして、シャンプーを手で泡立てた後、指の腹を使って丁寧に頭皮を洗います。
この時、頭皮全体をマッサージするようにしています。
マッサージをすることで、血流もよくなりますし、心身ともにリラックスできるのでおすすめです。
シャンプーが馴染んだら、しっかりとすすぎます。
最後にトリートメントを髪の真ん中から毛先に付けて、すすいだら終了です。
育毛は、育毛剤などを使うことも良いと思いますが、私はまず毎日の洗髪に気を遣うことにしました。
そして、食事もバランスよく食べ、規則正しい生活を送ることで、徐々に髪の悩みも解消してきています。
育毛をするにあたって、毎日のケアがとても大切だと実感しています。

髪の毛が少なくなってしまう原因は色々あります。
ストレスの多い生活を送っていたり適当にシャンプーをしていて毛穴の汚れが取り切れていなかったりすると抜け毛が増えてしまいます。
髪の毛は頭皮の中を流れる血液から栄養をもらっています。
バランスのとれた食事をしないと髪の毛に栄養を届けることができません。
運動不足になると血液の流れが悪くなり薄毛の原因になります。適度に運動をして汗を流すことが大切です。
努力しても抜け毛が少なくならない時には育毛サロンに行って相談をするといろいろとアドバイスしてもらえます。
頭皮の状態をチェックしてもらうとなぜ薄毛になってしまったのかを知ることができます。
原因が分かればどんな対策をしたら良いのかがわかります。
秋が一番抜け毛が多くなります。
なぜ秋なのかというと夏は髪の毛によくない季節だからです。
紫外線などの影響で髪の毛がダメージを受けているからです。
夏の暑い時期に頭皮と髪の毛をいたわるようにしましょう。

現在32歳の私の人生において、リンスやトリートメントの滑らかさは必要不可欠なものでした。そう、ここ1年程でノンシリコンシャンプー・リンスが流行するまでは!

小さいころから、リンスで髪がサラサラになることが気持ちよくてシャンプー・リンスはありとあらゆるものを試しました。特に、この数年でリンスではなくコンディショナーやトリートメントが充実してからというもの、シャンプー選びは楽しくて仕方がありませんでした。姉からの助言があるまでは・・・。

「シャンプーやリンスには頭皮に悪いシリコンが使われているんだよ~」と、事細かに被害例まで説明を受けました。姉は根っからのオーガニック派。確かに詳しいです。それからというもの、少し自分の将来や子供のことが気になりだしてノンシリコンシャンプー・リンスを使い始めました。初めはシャンプーをするたびに髪がキシキシして大量に抜けましたが、ようやく落ち着きました。サラサラになることは決して体にいいこととは限らない、そう思いながらノンシリコンを試して健康な髪に近づいているところです。

育毛のために必要な食べ物をご紹介します。
髪の毛を育てるためには、主にタンパク質・ビタミン・ミネラルを摂取する事が大切です。

ではまず、タンパク質についてですが、なによりも大豆です。
豆腐・納豆、味噌など、色々な食べ方が出来るのが良いですね。
豆乳でも摂れますので、簡単でオススメです。

次に、ビタミンです。
野菜と魚に含まれています。
緑黄色野菜の有名なものは、ほうれん草・ブロッコリー・人参・トマト・カボチャですね。
加熱してしまうとビタミンが失われやすいので、できる限りサラダにして食べると良いです。
どうしても加熱したければ、炒めるのならOKですよ。
魚では、アジ・かつお・いわし・サバなどが手軽に食べられると思います。

ミネラルを摂取したいときは、海藻類を摂っていきましょう。
他にはひじき・レバー・玄米もお勧めです。
ヨウ素や鉄分、銅の成分を摂取することが重要です。

サプリメントでも栄養素を得ることは可能ですが、簡単に錠剤などで摂取できてしまうので、飲み過ぎてしまうという問題もあるようです。
ビタミンを過剰に摂り過ぎると、血圧が高くなったり、骨粗しょう症など色々な副作用が現れてしまいます。

バランスのよい食事をしていきましょう!